債務整理でブラックリストにはどのくらいの期間載る?

「債務整理するとどのくらいの期間ブラックリストに載るの?」

「債務整理でブラックリストに載ったらどんな制限を受けるの?」

債務整理をするとブラックリストに載るという話はよく知られていますが、ブラックリスト期間がどのくらい続くのかは知らない人もいると思います。

ブラックリストの期間は債務整理の手続きによって異なり、任意整理なら約5年、個人再生や自己破産なら約510年続きます。

 

債務整理でブラックリストに載る期間は約510年間

ブラックリストとは、信用情報機関に債務整理の情報が登録されて、クレジットカードが使えないなどいくつかの制限を受けている状態のことをいいます。

ブラックリストの期間は、任意整理なら約5年、個人再生や自己破産なら約5~10年です。

この期間が過ぎれば信用情報機関に登録されていた債務整理の情報が削除されるので、ブラックリストによる制限も解除されます。

ただし、信用情報機関の情報が削除されても特に通知などは来ないので、自分から確認しない限りブラックリストがいつ解除されたのかはわかりません。

ですので、住宅ローンの申し込みをしたい場合など、ブラックリストが解除されているかどうかを確実に知りたい場合は、信用情報機関に「信用情報の開示請求」をしましょう。

信用情報機関には、CIC・JICC・JBA(KSC)3つがあります。

CICJICCはインターネット・郵送・窓口、JBAは郵送のみで信用情報の開示請求を受け付けていますので、Webサイトに記載されている手順に従って開示請求をしてください。

なお、信用情報の開示請求には、窓口なら500円、それ以外なら1000円の手数料がかかります。

まとめ

・債務整理のブラックリスト期間は任意整理が約5年、個人再生や自己破産が約510

・ブラックリストが解除されたか確認したい場合は信用情報の開示請求をしよう