借金は保証人なしでもOK!キャッシングとカードローンについて

突然の支出でお金に困ったとき、簡単にお金を借りられたら便利ですよね。

最近は「キャッシング」や「カードローン」と呼ばれる借金が数多くあって、保証人なしでも簡単に借金ができるようになっています。

ここでは、キャッシングとカードローンがどのような借金なのかをまとめていきます。

保証人なしで借金できるキャッシングとカードローンとは

銀行などから正式に借金をする際、本人が返済できなくなった場合の備えとして保証人を要求されることがよくあります。

一方、消費者金融のキャッシングクレジットカードのキャッシング枠で借金をする場合、ならびに銀行カードローンを利用する場合は、借金の保証人が必要となりません。

キャッシングやカードローンではなぜ保証人が不要かというと、金利を高く設定することで借金を返してもらえないリスクを小さくしているからです。

多くの消費者金融やクレジットカードのキャッシングは、法律で定められている上限金利である金利18%でお金を貸しています。

また、それよりは安い銀行カードローンでも、金利は15%程度に設定されることが多いです。

キャッシングやカードローンを提供している会社は別途保証会社を利用しているため、その保証料が含まれることで金利が高くなっているという面もあります。

保証人なしのキャッシングやカードローンはカードで手軽に借金できる

キャッシングやカードローンの場合、一度審査をパスすればコンビニATMなどで何度でも気軽に借金できるようになります。

また、審査自体がスピーディーで、早い場合は1時間程度でお金を借りられるという点もメリットだといえます。

ただし、消費者金融やクレジットカードのキャッシングを利用する場合、総量規制というルールがあるため借金できる金額は年収の3分の1までです。

なお、銀行カードローンは総量規制の対象外なので、借金できる金額に上限はありません。

まとめ

保証人なしでできる借金として一般的なものには、消費者金融やクレジットカードでのキャッシングおよび銀行カードローンがあります。

キャッシングやカードローンは金利が高めに設定されていますが、それは本人が返済不能になったときのリスクを軽減するため、および保証会社を利用するためです。

キャッシングやカードローンには、一度審査に通ればコンビニATMなどで簡単に借金できること、審査自体がスピーディーなため最短1時間程度で借金できることといったメリットがあります。

ただし、消費者金融やクレジットカードのキャッシングでは総量規制のため年収の3分の1までしか借金できないので注意してください。