借金は年収の3分の1までって本当?裏ワザはある?

借金をするときは年収の3分の1までしか借りられないという話を聞いたことはあるでしょうか。

このルールは総量規制というのですが、実は総量規制には対象外となっている借金がたくさんあるため、裏ワザを使えば簡単に総量規制を超える借金ができてしまうのです。

ここでは、総量規制について簡単に説明したうえで、総量規制以上に借金ができてしまう裏ワザを紹介していきます。

借金は年収の3分の1までというルール「総量規制」

クレジットカード会社と消費者金融は、お金を貸すときは相手の年収の3分の1までしか貸してはいけないというルールである「総量規制」に従う義務があります。

例えば、年収が300万円の人であれば、借金できるのは100万円までというわけです。

ただし、総量規制は1社あたりの借金額ではなく、すべての借金の合計額で考えられます。

そのため、年収が300万円の人なら、エポスカードから30万円とレイクから70万円を借りていたら、他の会社からでもそれ以上借金をすることはできません。

年収の3分の1を超えても借金できる裏ワザとは?

実は、総量規制の対象とならない借金もいろいろ存在します。

まず、住宅ローンや自動車ローンなどの低金利ローンは総量規制の対象になりません。

また、銀行からの借金とおまとめローンによる借金は総量規制の対象とならないため、年収の3分の1以上であっても借りることができます。

特に、銀行カードローンはカード1枚でコンビニATMなどから気軽にお金を借りられるため、消費者金融のキャッシングやクレジットカードのキャッシング枠と使用感がほとんど変わりません。

また、クレジットカードのショッピング枠にも総量規制は適用されないため、クレジットカードで買い物をして分割払いやリボ払いにすれば、実質的に総量規制を超えて借金をしているのと同じになります。

まとめ

総量規制というルールがあるため、消費者金融のキャッシングやクレジットカードのキャッシング枠では、年収の3分の1を超える借金はできません。

しかし、低金利ローンやおまとめローン、銀行からの借金には総量規制が適用されないため、総量規制を超えて銀行カードローンを消費者金融のキャッシングのように使うことは可能です。

また、クレジットカードのショッピング枠も総量規制の対象外です。

ただし、こうした裏ワザを利用するときは、返済計画をしっかり立ててください。

なお、借金が返しきれない場合は裏ワザを使ってさらに借金をするよりも、借金を減らせる債務整理をすることをおすすめします。