任意整理なら住宅ローン返済中に債務整理しても家を残せる

任意整理とは、弁護士や司法書士にあなたの代理人となってもらい、お金を借りた会社との直接交渉を通じて、利息や遅延損害金の全額カットや返済期間の延長(60回払い程度)を実現する債務整理です。

任意整理なら、住宅ローン返済中であっても家を残して債務整理することができます。

家を残せる理由

任意整理なら、整理する対象に含める借金を自由に選ぶことができるため、返済中の住宅ローンを対象から外すことで、家を残して借金を減らせます

任意整理の場合、家の住宅ローンが返済中であっても、住宅ローンを整理しなければ家を失うことにはなりません。

後述する個人再生や自己破産とは違って、任意整理は裁判所を通さずに行う私的な交渉という形をとるため、必ずしもすべての借金を整理しなくていいのです。

家を残して任意整理する例

例えば、住宅ローンの他にエポスカードから50万円とみずほ銀行から130万円の合計180万円を借金している人の場合、一般的な例だと毎月65000円程度を返済し、最終的には234万円程度を支払うことになります。

しかし、任意整理をすれば利息の約54万円は0円になり、毎月の返済額も3万円と、半分以下にまで抑えることができます。

任意整理の手続きが終わった後は、元本を60回払い程度の分割払いで返済しつつ、並行して住宅ローンの返済も行っていくことになります。

「住宅ローン以外の借金がなんとかなれば住宅ローンが払えるようになる」という状況の人は、ぜひ任意整理を検討してみてください。

 

まとめ

 

・任意整理を選んで住宅ローンを対象から外せば家を残せる