債務整理後にいつからローンが組めるようになる?

「債務整理するとローンが組めなくなるって本当?」

「債務整理後でも住宅ローンや自動車ローンを組む方法はある?」

債務整理をすると借金を減額または返済免除としてもらうことができますが、債務整理後のブラックリスト期間中はローンが組めません。

債務整理後にローンが組めるようになるのはブラックリストが解除されたときからですが、任意整理なら約5年後、個人再生や自己破産なら約510年後となります。

ローンが組めるようになるのは債務整理の510年後

任意整理・個人再生・自己破産といった債務整理の後はブラックリストに載るため、約510年間ローンを組むことができなくなります。

債務整理をすると、ローン会社などが加盟している「信用情報機関」に情報が登録されるのですが、その状態を「ブラックリスト」といいます。

ローン会社は信用情報機関の情報を見ることができるので、ブラックリスト中はどこの会社でローンを申し込んでも審査に落ちてしまいます。

しかし、ブラックリストは任意整理なら約5年、個人再生や自己破産なら約5~10年で解除されるので、その後であればローンを組むことができます

なお、ブラックリストによる制限を受けるのは、債務整理をした本人だけです。

夫や妻、親や子どもといった家族には何の影響もありませんので、ブラックリスト中でも家族の名義でローンを組んでもらうことは可能です。

例えば、どうしても車が必要で自動車ローンを組まなければならない場合に、家族に名義人となってもらって自動車ローンを組むというのは一つの手です。

なお、一括払いなら何の問題もなく車を買うことができますので、それほど高くない中古車を一括払いで買うという方法もあります。

まとめ

・債務整理後、任意整理なら5年、個人再生・自己破産なら510年はローンが組めない

・ブラックリスト中でも家族の名義でローンを組んでもらうことはできる