任意整理の意味とは?合法的に借金を減らせる手続きを解説

「借金の返済がつらい」「借金が返しきれずに滞納してしまいそうだ」「既に滞納しているけどこれからどうなってしまうのだろう」と考えている人にぜひ知ってほしいのが、「任意整理」という方法です。

ここでは、そもそも任意整理とはどういう意味なのか、任意整理を行うことにどんな意味があるのかを解説していきます。

任意整理とはどういう意味なのか

任意整理とは、お金を借りた会社との「任意」の交渉によって借金を「整理」する手続きを意味しています。

そんなことができるなんて怪しいと思うかもしれませんが、任意整理は国が認めている正式な手続きなので、合法かつ安全です。

実際に任意整理を行うときは、弁護士や司法書士に依頼して代理人になってもらうのが一般的です。

依頼された弁護士や司法書士はお金を借りた会社と任意での交渉を行い、利息・遅延損害金の全額カット返済期間の延長によって借金返済の負担を軽くしてくれます。

任意整理を行うことにはどんな意味があるのか

任意整理を行う意味として最も大きいのは、利息・遅延損害金のカットと返済期間の延長(60回払い程度)で借金返済の負担をかなり軽くしてもらえることです。

例えば、レイクから60万円、セゾンカードで40万円、三菱UFJ銀行のバンクイックで50万円の合計150万円を借金していた場合、一般的な例だと毎月の支払いが5万円を超え、利息を含めた返済総額が192万円程度になります。

ここで任意整理を行うと、利息の約42万円が0円になり、毎月の返済額も25000円で済むようになるのです。

また、借金を滞納してしまって遅延損害金(延滞金)が発生していても、任意整理することによって支払義務をなくしてもらえます。

このような大きなメリットを受けられる任意整理ですが、弁護士や司法書士に依頼した場合なら、最初に委任契約を結んだあとは待っているだけで手続きが終わるので、非常に簡単です。

ただし、任意整理後は約5年間「ブラックリスト」と呼ばれる状態になり、クレジットカードやローン、分割払いが利用できなくなるというデメリットはあります。

まとめ

任意整理とは、お金を借りた会社との任意の交渉によって、利息・遅延損害金のカットや返済期間の延長を実現し、借金を整理する方法を意味しています。

任意整理を行う意味として最も大きいのは、借金を整理することで返済の負担を大幅に軽くすることができるという点です。

また、任意整理は弁護士などにお任せでできるので、手続きが簡単だという特徴もあります。

ただし、任意整理をすると約5年間ブラックリストによっていくつかの制限を受けるというデメリットがあります。