リボ払いは雪だるま式に借金が増えてやばい!返済のコツとは?

リボ払いとはクレジットカードの返済方法の一つで、毎月の返済額を一定額に固定することができます。

一見便利に見えるリボ払いですが、実は借金が雪だるま式に増えて、いわゆる「リボ地獄」に陥ってしまう危険をはらんだ、やばい返済方法なのです。

ここでは、リボ払いで雪だるま式に借金が増えていくカラクリを解説したうえで、リボ地獄から抜け出すための返済のコツを説明していきます。

リボ払いで雪だるま式に借金が増えていくカラクリ

リボ払いで借金が雪だるま式に増えていくのは、リボ払いがもともとカード会社の得になるように作られているからです。

金利の高い手数料

まず、クレジットカードの支払いをリボ払いにすると、未払いの金額は借金扱いとなり、金利15%という高金利の手数料が発生します。

金利18%というと、銀行カードローンでお金を借りた時に支払うことになる利息とかなり近いですね。

毎月の最低返済額が少額

次に、リボ払いの毎月の最低返済額は、5000円や1万円など、比較的小さい金額に設定されることがほとんどです。

最低返済額だけを支払った場合、支払ったお金の大部分は利息の支払いに消えてしまい、元本はあまり減りません。

そのため、返済期間が長期化しやすくなり、返済総額も大きくなりやすいのです。

雪だるま式にふくらむ借金に気付きづらい

リボ払いは決められた金額を毎月支払っていればOKという支払方法なので、自分で確認しない限り、借金が減っていないことに気付く機会がほとんどありません

さらには、借金が減らない条件が整ったままで、次の買い物をリボ払いでしてしまう人も少なくありません。

そうなると、クレジットカードの借金は雪だるま式に増えていき、いわゆる「リボ地獄」が完成してしまうのです。

まだ間に合う!雪だるま式に増えるリボ払いの返済のコツとは?

リボ払いで雪だるま式に借金が増えてしまった人も、ここで説明する対処法をとれば、リボ地獄から抜け出すことは十分に可能です。

これ以上リボ払いを使わない

まず、これからはリボ払いを使わないということが一番大事ですので、徹底してください。

リボ払いで借金が雪だるま式に増えていくのは、新しくリボ払いで買い物をしてしまうからです。

ちょっとお金が足りないからといってまたリボ払いを使ってしまうと、せっかく借金を減らす努力をしてもすべてムダになってしまいますので要注意です。

繰り上げ返済をする

自力でリボ地獄から抜け出すには、毎月の最低返済額より多くのお金を支払う「繰り上げ返済」が必要不可欠です。

リボ払いで設定された支払額が5000円なら、1万円を返済すれば、余分に支払った5000円はすべて元本の返済にあてられますので、確実に元本を5000円減らせるというわけです。

ただし、繰り上げ返済をするには収入を増やすか支出を減らしてお金の余裕をつくらなければなりません

支出を減らすほうなら誰でもできると思いますので、以下のようなことを試してみてください。

・家計簿をつけて支出のムダを削る

・スマホ代など毎月の支払いのプランを見直す

・コンビニでなくスーパーで買うなど安い店を選ぶ

債務整理

自力でリボ地獄から抜け出すのが難しい人は、借金減額の正式な手続きである「債務整理」を検討してみてください。

債務整理は弁護士や司法書士に依頼すれば特別な知識がなくても簡単に行うことができます。

債務整理には、任意整理・個人再生・自己破産といった種類がありますが、クレジットカードのリボ払いの場合は30万円~200万円くらいの比較的少額の借金である場合が多いと思いますので、任意整理になることがほとんどでしょう。

任意整理をすると、まず利息を支払う必要がなくなります

また、滞納していて遅延損害金がついているという場合も、遅延損害金を全額カットまたは大幅に減額してもらえます。

さらに、返済期間を60回払いなどの長期にしてもらえるので、結果として毎月の返済額を半分くらいにまで抑えることが可能なのです。

ただし、任意整理をすると約5年間、クレジットカードが使えないなどのデメリットを受けることになりますので、その点は心得ておいてください。

まとめ

リボ払いで雪だるま式に借金が増えるカラクリとは、金利の高い手数料がかかるうえに毎月の返済額が小さいため返済期間が長期化しやすいという点に加え、カードの利用状況に気付かずにリボ払いを繰り返してしまいやすいという点にあります。

もしリボ地獄に陥ってしまっていたら、それ以上リボ払いを利用するのは絶対に控えてください。

そのうえで繰り上げ返済をしていけば、確実に元本を減らすことができます。

お金がなくて繰り上げ返済が無理だという人は、債務整理を検討しましょう。

クレジットカードのリボ払いは一番簡単な債務整理である任意整理になることが多く、弁護士や司法書士に依頼すればかんたんにできます。