リボ払いの最低支払額とは?確認や変更の仕方も紹介!

クレジットカードの支払方法でリボ払いを選ぶと、毎月必ず「最低支払額」以上の金額を支払うことになります。

ここでは、リボ払いの最低支払額とは何かを説明したうえで、最低支払額を確認・変更する方法や、最低支払額しか支払わない場合のデメリットについてもまとめていきます。

リボ払いの最低支払額とは「毎月必ず支払わなければならない金額」

クレジットカードで買い物をしてリボ払いを選んだ場合、「最低支払額」に設定されている金額を毎月支払っていくことになります。

最低返済額とは、「最低でも毎月この金額は支払ってくださいね」という金額のことで、利用しているクレジットカードによって異なりますが、5000円に設定されている場合が多いです。

例えば、三井住友カードの「マイ・ペイすリボ」の場合、最低返済額は5000円となっていて、希望があれば1万円・2万円・3万円など1万円きざみで変更することができます。

リボ払いの最低支払額を確認・変更する方法

リボ払いの最低支払額を確認・変更する最も簡単な方法は、スマホやパソコンでクレジットカードのWebサイトにアクセスし、マイページから確認・変更することです。

ここでは一例として、クレジットカードが三井住友カードの場合について説明します。

なお、Webサイトからリボ払いの最低支払額を確認・変更できない場合は、カード会社のカスタマーセンターに電話をかけて問い合わせるという方法もあります。

最低支払額を確認する方法(三井住友カードの例)

三井住友カードの公式サイトへ行って「Vpassログイン」ボタンからVpassMyページにアクセスし、以下のように操作します。

  1. ページ上部のメニューから「リボ・分割&キャッシング」を選ぶ
  2. 開いたメニューから「リボ払いご設定内容・残高照会」を選ぶ
  3. 「お支払いコース」の内容を確認する

「お支払コース」には「元金定額コース5千円」といった内容が書かれていますが、最後の金額の部分が毎月の最低支払額です。

最低支払額を変更する方法(三井住友カードの例)

三井住友カード公式サイトの「Vpassログイン」ボタンからVpassのマイページにアクセスし、以下のように操作します。

  1. ページ上部のメニューから「リボ・分割&キャッシング」を選ぶ
  2. 開いたメニューから「リボ払い毎月お支払額変更」を選ぶ
  3. 「増額を申し込む」または「減額を申し込む」を選び、表示されたページに従って金額などを入力する

リボ払いを最低支払額しか返済しない場合のデメリット

リボ払いをカード会社が設定している最低支払額(5000円など)のままにしていると、毎月支払いをしているのに返済が終わらないという「リボ地獄」にはまってしまうおそれがあります。

毎月の支払額が小さいと、支払った金額の大部分が手数料の支払いにあてられてしまい、元本がほとんど減らないので、返済が長期化します。

返済が長くなればなるほど返済総額は増えていくので、注意してください。

まとめ

リボ払いの最低支払額とは、毎月支払わなければならない最低限の金額のことで、カード会社によって異なりますが、5000円に設定されていることが多いです。

最低支払額は自分で確認・変更することができますが、最も簡単な方法はカード会社のWebサイトに行ってマイページにアクセスし、そこから確認・変更することです。

また、カード会社のカスタマーセンターに電話して問い合わせるという方法もあります。

なお、リボ払いをカード会社が設定した最低支払額のままにしていると、毎月支払いを続けているのに返済が終わらない、いわゆる「リボ地獄」に陥ってしまう可能性があるので注意してください。