リボ払いが減らない理由とは?カードの借金を減らす方法も解説!

クレジットカードのリボ払いとは、毎月の返済額を一定額に固定できる支払方法です。

一見便利なように見えますが、実はリボ払いにすると、借金を返し続けているはずなのになかなか減らないという状況に陥ってしまうという恐怖の罠にはまりやすいのです。

ここでは、クレジットカードのリボ払いはなぜ減らないのかという理由を説明したうえで、リボ払いの借金を減らす方法もあわせて紹介していきます。

クレジットカードのリボ払いが減らない3つの理由

クレジットカードのリボ払いは普通に返済しているとなかなか減らないですが、それには3つの理由があります。

高金利の手数料がかかる

クレジットカードの支払いをリボ払いにすると、高金利の手数料が発生します。

手数料はほとんどの場合金利15%ですが、これは銀行カードローンでお金を借りた時の金利とかなり近いです。

つまり、金利の面で見るとリボ払いは銀行カードローンでお金を借りるのと同じようなものだということです。

返済が長期化しやすい

毎月の返済額が5000円や1万円など低めの金額に設定されていることが多いため、リボ払いの返済は長期化しやすくなっています。

毎月の最低返済額しか返済せずにいると、返済額の大部分が利息の支払いにあてられてしまい、元本はほとんど減りません。

返済が長期化するとそれだけ利息の支払いも多くなるため、返済総額がどんどん大きくなっていってしまうのです。

借金がふくらんでいることに気付きにくい

リボ払いでは毎月一定額を返済していればOKということになっているので、自分で現在の利用額を確認しない限り、借金がふくらんでいても気付く機会がありません。

そのため、リボ払いの返済が終わらないうちに次の買い物をリボ払いでしてしまい、延々とリボ払いの期間を延長させてしまうケースも多いのです。

減らないリボ払いを完済する2つの方法

リボ払いは普通に返済していてもなかなか減らないですが、ここで紹介する2つの方法なら確実にカードの借金を減らしていくことができます。

繰り上げ返済

繰り上げ返済とは、毎月の最低返済額より多くのお金を返済していくことをいい、自力でリボ払いを減らしたい人におすすめの方法です。

例えば、毎月の最低返済額が1万円に設定されていたとすると、1万5000円を返済すれば、余計に支払った5000円はすべて元本の返済になるというわけです。

繰り上げ返済なら元本を確実に減らしていくことができますが、行うにはお金の余裕が必要となります。

そのため、副業などで収入を増やしたり、節約などで支出を減らしたりといった工夫をしなければなりません。

誰でもできるのは節約のほうですが、家計簿をつけて支出のムダを把握する、コンビニでしていた買い物をスーパーでする、スマホ代など毎月支払っている料金のプランを見直す、といった方法があります。

債務整理

自力でリボ払いを完済するのが難しいという人は、債務整理をするのがよいでしょう。

債務整理とは、国が認めている借金減額の正式な手続きで、任意整理・個人再生・自己破産といった種類があります。

難しく聞こえるかもしれませんが、債務整理は弁護士や司法書士に依頼すれば、特別な知識がなくても簡単に行うことができます。

クレジットカードのリボ払いは30万円や50万円といった少額の支払いのものも多いですが、任意整理であれば少額の借金でも扱いやすく、デメリットも少ないのでおすすめです。

任意整理では、利息や遅延損害金を0円にできるほか、返済期間を60回払いなどの長期にしてもらえるため、毎月の返済額を半分くらいに抑えることが可能です。

ただし、任意整理のデメリットとして、約5年間クレジットカードが使えなくなるなどの制限を受けることになるので注意してください。

まとめ

クレジットカードのリボ払いが減らない理由としては、高金利の利息がかかること、返済が長期化しやすいこと、借金がふくらんでいることに気付きにくいことの3つがあります。

減らないリボ払いに悩んでいる人は、副業や節約でお金の余裕をつくり、繰り上げ返済として最低返済額より多くの金額を毎月返済していけば、元本を確実に減らすことができます。

自力でリボ払いを完済するのが難しい人は、弁護士や司法書士に相談して債務整理を行うことも検討してみてください。