債務整理の費用が気になる人が読む3つのポイント

借金に苦しんで債務整理を検討している人にとって、やはり気になるのは費用のことでしょう。

この記事では、債務整理にかかる費用の相場と支払方法、「法テラス」で費用を抑える方法という3つのポイントを説明していきます。

債務整理にかかる費用の相場

債務整理には任意整理・個人再生・自己破産・特定調停の4種類があり、それぞれ費用の相場が異なります。

任意整理は弁護士や司法書士による交渉を通して行われる債務整理であるため、1社につき約3万円の費用に加え、交渉によって減額できた金額の10%ほどを報酬として支払うケースが多いです。

個人再生の場合、弁護士などの専門家に払う費用が約50万円と、裁判所の費用約20万円がかかります。

自己破産では弁護士費用約30万円に加えて裁判所の費用がかかりますが、手続きが同時廃止になるか管財事件になるかによって、約3万円から約50万円まで幅があります。

特定調停は本人が自分で行う債務整理であるため、1社につき1000円程度という安い費用で行うことができますが、手続きの手間がかかったり過払い金請求ができなかったりというデメリットもあります。

債務整理の費用は分割払いにできる

債務整理を弁護士や司法書士に依頼した場合、費用は分割払いにさせてもらえることがほとんどです。

弁護士や司法書士は正式に契約を結ぶとすぐ「受任通知」という通知を会社側へ送ります。受任通知を受け取った後は督促をしてはならないという決まりになっているため、債務整理が終わるまで借金の返済が一時的にストップします。

ほとんどの法律事務所では、受任通知によって督促が止まっている期間に分割払いで費用を支払うことになります。

「法テラス」を利用して債務整理の費用を抑える方法も

法テラスとは正式には「日本司法支援センター」という機関で、法律の専門家による支援を安い費用で受けることができます。

弁護士や司法書士と無料で相談できるほか、お金がない人が債務整理するときの費用を立て替えたうえで安く抑える「民事法律扶助制度」とう制度もあります。

まとめ

債務整理の費用は手続きの種類によって異なり、任意整理だと1社あたり約3万円+減額できた金額の10%程度、個人再生だと約70万円、自己破産だと33万円~80万円程度、特定調停だと1社につき1000円程度がかかります。

債務整理の費用は受任通知によって借金の返済が一時的に止まっている間に分割払いにできることがほとんどです。

また、「法テラス」の「民事法律扶助制度」を利用して債務整理の費用を抑える方法もあります。