債務整理をするなら借金いくらから?債務整理の種類別に紹介

借金の返済が苦しくて債務整理を考えた時に、「債務整理は借金いくらからできるんだろう?」と疑問に思ったことはありませんか?

債務整理を考えるのは返済が苦しいと感じたその時で大丈夫ですが、債務整理には種類があって、それぞれ適した借金額の目安がある程度決まっています。

デメリットの少ない債務整理「任意整理」は借金いくらから?

任意整理では、借金の金額に対して「いくらからでないとできない」という制限はありません。自分にとって返済が苦しくなった、と思ったときが任意整理を検討するタイミングです。

任意整理は弁護士や司法書士に依頼してお金を借りた会社と交渉してもらい、利息のカットや返済期間の調整を実現する債務整理です。

仮に80万円を借金して返済額が約96万円となっている場合、任意整理すると利息の約16万円が0円になります。この場合は毎月の返済額が4万円くらいになることが多いですが、任意整理で返済期間を60回に延ばしてもらえば毎月約1万3000円の支払いで済みます。

元本を減らせる債務整理「個人再生」は借金いくらから?

個人再生では、100万円以下の借金は減額されません。また、5000万円以下の借金は扱えないことになっています。

個人再生は裁判所を通して借金の元本を5分の1程度に減らしてもらい、3~5年で返済する債務整理です。

500万円の借金がある人なら、特に財産がなければ個人再生で返済額が100万円になり、5年で返済する場合毎月の支払い額は約1万7000円になります。

借金をなくせる債務整理「自己破産」は借金いくらから?

自己破産には借金いくらからというはっきりした決まりはありませんが、任意整理や個人再生をしても解決できない借金を抱えている場合のみ使うことができます。

自己破産とは、財産を処分する代わりに借金の返済自体を免除してもらえる債務整理です。

収入が少ないか無収入の人だと、比較的少額でも自己破産できます。しかし、収入がある以確保できる人であれば、目安として100万円以下の借金は自己破産できないと思った方がよいでしょう。

まとめ

任意整理の場合は借金いくらからという基準はないので、返済がつらいと感じたら検討してみましょう。利息のカットや返済期間の延長ができます。

個人再生の場合は、基準がはっきりしていて、100万円から5000万円までの借金なら元本を5分の1程度に減額してもらえます。

自己破産は任意整理や個人再生では解決できない借金を対象としていて、目安として100万円以下の借金は扱えないと思った方がいいですが、収入が少ない人や無収入の人はその限りではありません。