債務整理するとローンが組めなくなる?

債務整理をした後は、一定期間ブラックリストによる制限を受けるため、新しく住宅ローンを組むことができなくなります。

ブラックリストとは?

債務整理をすると、ローン会社などお金を貸す事業を行っている会社が加盟している「信用情報機関」に情報が登録されて、いわゆる「ブラックリスト」状態になります。

ブラックリストに載っている間は、新しく借金をすることができないなど、いくつかの制限を受けます。

住宅ローンも借金の一種なので、ブラックリスト期間中は住宅ローンを組むことが非常に難しくなってしまうのです。

ブラックリストの期間は?

ブラックリストは永久に続くものではなく、任意整理なら約5年、個人再生や自己破産なら約5~10年で解除されます。

ブラックリストが解除されれば、以前のように借金をすることもできるようになるため、収入などの要件を満たしていれば、住宅ローンも問題なく組めます。

ただし、ブラックリストが解除されたときも、特に通知などが送られてくるわけではありません。

そのため、「住宅ローンの申し込みをするのでブラックリストが解除されているのか知りたい」という場合には、信用情報機関であるJICC・CIC・JBA(KSC)の3社に信用情報の開示請求をする必要があります。

JICCCICはインターネット・郵送・窓口、JBAは郵送のみで信用情報の開示請求を受け付けているので、各社のWebサイトを参照して開示請求をしてください。

 

まとめ

・任意整理後は約5年、個人再生・自己破産の後は約510年、住宅ローンを組めない